読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロプロタップライブをインストールする前に読んでほしい記事

この間ツイッターでこんな広告を見た

💡😏「ドルオタだったよね?」
😎「ハロプロのなo(`ω´ )o」
😓「アイドルのなにがいいの?」
😘「全部。(即答)」
💢😱「(全部かよ=3)」
😋「とりあえず曲から入ったら?」
無料DLはこちらから▼

……とAppインストールのURLに続くのである

この広告ツイートの「ハロプロは曲から入れ!」というメッセージにはすごい同意できるんだけど、それを見たハロプロに興味があるけどまだガッツリ聴いていない人が、ハロプロタップライブをインストールして、最初の聴く(プレイする)曲が「ブレインストーミング」なのはどうなの?
ブレインストーミング」は確かに良い曲だけど初めの一曲としてオススメするのはどうかなーっと思うのだ。

ハロプロあんまり聴いてない時にツイッターのフォロワーから、Berryz工房の「マジグッドチャンスサマー」をオススメしてもらって初めて聴いた時の衝撃を僕は今でも覚えているし、CDが四角くなるまで聴いた。

最初に聴いて好きになった曲というのは、思い出深い一曲になるので、それにふさわしい、つんくーー♂ってなる曲を聴いてほしい!という熱い思いがあるので、いくつかオススメしたいと思いブログを書いたので読んでほしい。
これから7曲ほどオススメを書きます。
説明?感想?も書くけど、聴いた後もしくは聴きながら読んでほしいと思っています。

MM3 - この手の中に

とりあえずもうこれだよね、、つんく♂の青春ソングなバイブスをめっちゃ感じる一曲!
ボーカルの重ね方とかハーモニーも綺麗で最高だね!


THEポッシボー with 音の素 - やべ〜なべ〜な 圧力ベ〜ナ〜

察しの良い人ならタイトル見た時点で「あ、コレやばいやつや(良い意味で)」となる一曲!
圧力鍋の魅力について語った歌なんだけど、「圧がかかる場所のゴムが傷みやすい 予備をストックしなきゃだね(ヨビヨビ)」という一節があるんだけど、みんなどう思う?つんく♂のバイブス高まってきた?俺はほぼ最高潮だよ…
圧力鍋を使えば時短で美味しく作れてみんなに褒められる、それこそがグルメのマジック、グルジックなんだよなー(ナベナベ!)
圧力鍋の良いところを端的に紹介しつつ、開ける時に気をつけなゃいけないという注意点まで教えてくれるすごい曲。
合いの手の斬新さにも注目。


とにかく詞もアレンジもカッコ良い青春な歌だよなー
最初のシャイニングシャイニングシャイニングパワーのコーラスのかっこよさに痺れて、その後のズキューンってなるアレンジに撃ち抜かれる…
君が作った米と唐揚げさえあればオッケー、バラン?そんなものいらねー!ご飯偏ってる?お腹に入れば一緒!みたいなゴーカイなスポーツ少年の歌
だけど、お弁当に米と唐揚げだけ大盛り詰めてくる女の子も相当魅力的な人だと思う

EE JUMP - おっととっと夏だぜ

ソニンのしっとりとした歌から始まった…と思いきやユウキ♂ラップ始まるしでしっちゃかめっちゃかで最高に夏な曲!
ユウキ♂の合いの手ラップのダサさが最高に味を出しててバイブスがえらいことになってる
初見でサザンが似合うのおっととっと夏だぜの所はみんな絶対巻き戻して見直すと思う
サビのサンバ!なアレンジがねもうバイブスがアレだよね

THEポッシボー - 主食=GOHANの唄

日本では食の欧米化により、パンやパスタが広がったり、最近では糖質制限や炭水化物抜きダイエットなどにより、日本人のご飯離れが深刻化している。

パンやパスタがいくら美味しくても、やっぱり炊きたてピカピカホカホカのご飯には勝てない
米国?それは日本のことだろ?米の国といえば日本だよな?という曲
「ピカピカ」「ホカホカ」「パッパッパッ」「シュシュポッポッ」など美味しそうなご飯を連想させるコーラスがとても美しい…
つんく♂の声もたくさん入っててボーカル厚くて大好き😊
ご飯を恋人に見立ててる歌詞とか米のバイブスがすごい


えり〜な - ドキッこういうのが恋なの?

とにかく可愛い歌詞に歌声ポップなメロディ、そして太い合いの手…これが黄金比というやつか…
聴く時は合いの手をしながら聞くと楽しい
ライブ動画は刺激が強すぎるのでこの動画にしたけど、続けて入ってるのも可愛いので聴いてほしいと思う


COCOCREW feat.小川真奈 - ココルルソング

ギャルブランドのタイアップ曲なんだけど、ギャルブランドのタイアップ曲という字面だけで見ると絶対ユーロビートなんだけど、、違うんだよなー!
パーカッションの入れ方とかオシャレだしエキゾチックで、ココクルーのバイブスに胸が熱くなるバイブス
この曲は最高傑作だと思ってる



最後に、ハロプロタップライブは良いゲームだと思う(やったことない)